会社沿革

ホーム > 会社沿革

会社の沿革

昭和48年 11月 箱崎ユーティリティ株式会社 設立
昭和49年 12月 福岡市と公害防止協定を締結
昭和54年 10月 ユーティリティ設備建設開始
昭和55年 9月 営業運転開始
昭和60年 8月 木屑ボイラ(15t/h)を設置
昭和61年 3月 第13期(昭和60年度)決算で創業以来初の黒字化
平成6年 3月 第21期(平成5年度)決算で累積赤字を解消
平成11年 9月 排水部門の計装設備を更新(DCS化工事)
11月 排水再利用設備を装置
平成12年 6月 用水部門の計装設備を更新(DCS化工事)
平成13年 3月 蒸気部門(ボイラ共通)の計装設備を更新(DCS化工事)
9月 特高受電・高圧配電設備の二重化工事着工
平成14年 1月 電気部門の計装設備を更新(DCS化工事)
11月 蒸気部門(Aボイラ)の計装設備を更新(DCS化工事)
平成15年 3月 蒸気部門(Bボイラ)の計装設備を更新(DCS化工事)
6月 株主配当を開始
7月 特高予備線新設
特高受電・高圧配電設備の二重化工事完工
平成17年 5月 木屑ボイラ(25t/h)更新工事着工(計装設備のDCS化を含む)
平成18年 3月 木屑ボイラ(25t/h)の営業運転を開始
平成19年 8月 木屑受入室に集塵装置を設置
10月 排水調整槽に脱臭装置を設置
11月 構内電源設備を更新(第二電気室にB系MCCを設置)
平成20年 9月 第三電気室新設工事着工
平成21年 1月 活性炭ろ過器(滅菌水設備)を1台増設
3月 第三電気室完成
構内電源設備を更新(第三電気室にA系MCCを設置)
9月 木屑ボイラ設備 水封コンベアを増設
平成23年 6月 消火ポンプ設備を更新
平成24年 9月 滅菌水槽(B)新設工事着工
平成25年 3月 滅菌水槽(B)完成
11月 創立40周年
平成29年 2月 滅菌水槽(C)新設
平成30年 3月 脱水機室新設(脱水設備を更新)
  • 箱崎ユーティリティ(株)創立40年史
  • 業務案内
  • リクルート